熊本市の不動産|株式会社愛和不動産 > 株式会社愛和不動産のスタッフブログ記事一覧 > ペットを飼っていたら不動産売却時の査定額が下がる?売却するときの注意点

ペットを飼っていたら不動産売却時の査定額が下がる?売却するときの注意点

≪ 前へ|ペットを飼っていたら不動産売却時の査定額が下がる?   記事一覧   住宅ローンの金利タイプにはどんな種類がある?選びポイントは?|次へ ≫

ペットを飼っていたら不動産売却時の査定額が下がる?売却するときの注意点

カテゴリ:売買知識情報
ペットを飼っていたら不動産売却時の査定額が下がる?売却するときの注意点


犬や猫を飼っている家を売却する場合、ペットを飼っていることが査定額や売却額に大きく影響しないか気になるところ。 
しかし重要なのは物件としての状態の良し悪しですので、修繕せずに住むことができる多少の痛みや汚れであれば、さほど大きく影響しない場合もあります。
ペットを飼っていた家を売却する場合には、次のことに注意してできるだけ売却査定額を下げないようにしましょう。


ペット飼育の有無を告知する
1番やってはいけないことは、ペットを飼っていたことを隠すことです。  ペットが査定額のマイナス要因になることから、ペットの存在を隠す売主も実際少なくありません。ペット不可の物件で内緒で飼っていた場合も必ず打ち明けるようにしましょう。

フローリングや壁の修繕
ローリングや壁に傷が付いてしまった場合は、部屋自体を修繕及び補修をしておくことが大切です。

室内に消臭する
軽く換気をする程度では、臭いを完全に消すのは難しいでしょう。
部屋から臭いがする場合は、程度に合わせた対策が必要です。
臭いがしみ込みやすいカーテンやカーペットなど、布製品を処分しましょう。

まとめ
ペットを飼うことで付いた臭いや傷は、価格を下げるマイナス要因になってしまうケースがあります。
しかし傷を目立たないように補修したり、ハウスクリーニングでキレイにするなど、事前にできる対策もあるので、やれることはやっておくようにしましょう。

熊本市で不動産購入するなら、株式会社愛和不動産にお任せください。

何かご質問などがございましたら、お気軽くにお問い合わせください。

住まいをお探しの方はこちらをクリック

≪ 前へ|ペットを飼っていたら不動産売却時の査定額が下がる?   記事一覧   住宅ローンの金利タイプにはどんな種類がある?選びポイントは?|次へ ≫
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社愛和不動産
    • 〒860-0831
    • 熊本県熊本市中央区八王寺町3-4
      AIWAビル1F
    • TEL/096-378-7888
    • FAX/096-378-7908
    • 熊本県知事 (7) 第3446号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2022-08-14
    サンシティMKの情報を更新しました。
    2022-08-11
    熊本市中央区城東町の情報を更新しました。
    2022-08-11
    花園3丁目_戸建ての情報を更新しました。
    2022-08-11
    フラワーマンション九品寺駐車場・倉庫の情報を更新しました。
    2022-08-11
    熊本市中央区大江1丁目の情報を更新しました。
    2022-08-11
    シャトー白山の情報を更新しました。
    2022-08-11
    熊本市西区池田1丁目の情報を更新しました。
    2022-08-11
    鶴羽田3丁目売戸建の情報を更新しました。
    2022-08-11
    麻生田5丁目戸建の情報を更新しました。
    2022-08-11
    フリーデ・ソウの情報を更新しました。
  • いえらぶポータル物件掲載中

  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る